お肌劣化のプロセス

肌が劣化して行くプロセス。



なんだか、読みたいような読みたくないような、

注目したいような、目を逸らしたいようなお話となりそうですが・・・・



人間は、30歳を過ぎた辺りから、目に見えて老化が始まります。



これは、抗いようの無い事実だと、私も実感しています。



肌のハリや艶が消えていき、変わって、たるみやシワが増えて行く恐怖。(笑)





・・・はい、笑い事じゃないですね。(泣笑)





肌老化は、段階を追って、以下のように進行していきます。



◆1.肌老化のはじまり<水分量の低下>



加齢を原因として、ホルモンバランスが崩れたり、

基礎代謝が低下することで、

水分量が減って、肌老化の序章が始まります。





◆2.弾力の低下<コラーゲンの減少・低下>



更に、新陳代謝の低下でコラーゲン量が減少、

酸化することで、コラーゲンそのものが弱く、弾力が無くなり、

お肌のハリや弾力が失われていきます。





◆3.しわ・たるみに!<皮膚を支える土台の崩壊>



お肌のハリや弾力が失われていくと、

肌を支える力が重力に負けてしまいます。

重力に負けたお肌は、たるんだり、シワとなって敗北を宣言します。







あぁ・・・土台が崩壊なんて言われたら、泣けてきちゃいますね。



これが、30代を越えた辺りから起こるお肌が劣化していく流れです。





だから、2の解決方法としてコラーゲンを補給したり、

更に根本的な解決方法として、プラセンタを利用したりするんですね。



コラーゲンが良い、ヒアルロン酸が良い、プラセンタが良い・・・



これらの理由も、お肌の劣化プロセスを理解していれば、

なるほど、簡単に理解できるわけですね。





それにしても、今晩は、肌が劣化する悪夢にうなされそうです。>д<;